確定申告のためのマイナンバーは、先に書いてミスや紛失を避けたい。

確定申告では、いろんな数字が書かれることになっているでしょう。
その中でも確実に書くことになるのが、マイナンバーということになっているようです。
それも、自身のものだけでなく書類上必要な分だけといいますから大変といえます。
また、書類ごとにどのマイナンバーがいるのかも違うだけに注意しておきたいところです。
1ナンバーでも欠けたまま出す、ということができないのも確定申告といえるでしょう。
なので、個人であっても確定申告のために持参するものが多くあることも否めません。
かさばるものでこそないですが、確定申告では使いやすいように持参するのも1工夫かなといえます。
自宅であればゆっくり広げて…ということもできますが、税務署ではスペースも限定されているものです。
それに、確定申告という場の雰囲気だけでも慣れない人には焦りも出ることがあるでしょう。
そう、書類を間違えないように書くということも大事ですが、紛失や焦りの起き難い確定申告にしましょう。
もちろん家で書いて、税務署では出すだけというのが確定申告でもできたりします。
確定申告はできるだけ書いて、わからないところを税務署で、というのもいいかもしれません。

Posted in その他 | 確定申告のためのマイナンバーは、先に書いてミスや紛失を避けたい。 はコメントを受け付けていません。