税理士相談に適したタイミングっていつ?

税理士には独占業務があり、税務代行・税務書類の作成・税務相談という3つの業務は税理士にしか許されてはいません。
税理士に相談したくてもいつも忙しそうなのでいつ相談に乗ってもらったらいいのか迷ってしまいますが、税理士が忙しいのは個人事業の決算時期、企業の年末調整の時期、企業の決算月になります。
個人事業の決算月は12月になり、確定申告は3月半ばまでに終わらせないといけないので、この時期はとっても忙しくなります。
企業の年末調整の代行も税理士の仕事で、マイナンバー制度が導入された事によりさらに税理士の手間が増えてしまいました。
法人の場合には健さん月を自由に選ぶことができますが、従来通り3月決算の企業が多く決算月から2ヶ月後までに税務申告を終了させなければなりません。
ですから3月決算の場合には5月まで忙しい時期であり、税理士が落ち着くのは6月~11月までとなります。
税理士とじっくり相談したい人は6月~11月が相談に適したタイミングになります。
税務相談は税理士の独占業務なのでいつでも相談する事は可能ですが、忙しいと親身に相談に乗ってくれない場合もあるので、この時期を狙って相談してみるといいでしょう。

Posted in その他 | 税理士相談に適したタイミングっていつ? はコメントを受け付けていません。