弁護士の意見って結構違うのってなぜ?

法律ってのは唯一無二であり曲げられないものですよね。
弁護士ってのは法に則って様々な問題を解決する職業、裁判以外でも日常のいろいろなトラブルなんかに公正なジャッジをしてくれる存在だと思ってました。
でも、テレビで弁護士が出てる番組見てたら一つの問題に対して弁護士によって見解が違うのが不思議で。
法は一つなのに、なんでそうなるんだろう?

よく、黒も白に変える敏腕弁護士、なんての聞くけどそれは法を曲げてるってこと?
そんなのインチキ弁護士じゃないですか。
だから、きっと法の隙間まで熟知して法律の表面通りでは救えない人も救ってしまうってことなのかな?
私、リーガルハイの堺雅人さんの演じるあの弁護士は好きなんですけどね(笑)

私の友人も今弁護士を目指してる子が一人います。
すごく正義感のある熱い子なのでいい弁護士になるだろうなと思うけど真面目すぎるのでもう少し柔軟になった方がいいかな。
弁護士ってカッコいいだけじゃなくて、かなりハードな仕事だと思うんで頑張りすぎないでほしいですね。
まぁ、まだ弁護士になれるって決まったわけじゃないけど(笑)

Posted in その他 | 弁護士の意見って結構違うのってなぜ? はコメントを受け付けていません。